外国の戯曲からはまだ学ぶべきものが多々ある

 一寸思ひつくだけでこの通り(対手との関係を問題外としても)前後の関係で、はつきり、どれを選ぶべきか、自らきまるのであるが、どつちでも意味は取れるし、間違ひでもない。が、その場合はどつちでなければ面白くないといふのがある筈である。これ原文のわかり方によるものである。もつと適切に云へば、原文の調子、味がわかつてゐなければならないのである。 この上に誤訳といふやつが必ずある。仏蘭西語で、一寸間違はれ易い例を挙げてみても、こんなのがある。「あなたはほんとにいつまでもお若いですね」「御戯談《ごじようだん》でせう」――これを「さうお思ひになりますか」「年のせゐだね、どうも近頃、足が利かなくなつたよ」「まさか、それほどでもなからう」――これを「あんまり遠くへ行くからさ」「どうか僕にかまはないで……」「ぢや、一寸、行つて来ら」――それを「ぢや、さよなら」 この調子で全篇を訳されてはたまらないが、少しづつの食ひ違ひが、どれほど原文の妙味を傷つけてゐるか、それをまた読者なり、演出者なり、見物なりが知らずにゐるか。さうして、外国劇は面白いとか面白くないとか、わかつたやうなことを云つてゐるが、それを考へると、全くやりきれない。 さて、こんなことを云ひ出したのは、何も今更翻訳の杜撰《ずさん》さを攻撃するためではなく、かういふ翻訳を通して、西洋の戯曲がわかつたとか、わからないとか云つて、納まつてゐるのは間違ひだといふ一点を指摘したいのである。 重ねて云ふ、外国の戯曲からはまだ学ぶべきものが多々ある。それは、翻訳を通しては殆ど味はれない「味」である。そして、日本の現代劇に、この「味」が足らないのは、翻訳劇、殊に、最も乱暴な翻訳劇の罪半分と、西洋劇を直接原文で読み得る当今の若い劇作家が、まだ、その西洋劇のもつ「味」――これは各作者の持ち味でもなく、また西洋各国の文学の特色でもなく、更に所謂、西洋劇独特の色彩、西洋人特有の感情、そんなものを指すのでもなく、真に優れた戯曲が、常にそれによつて魅力を放つところの、「語られる言葉の幻象が、われわれ人間の魂に触れる彼の韻律的効果」に外ならない――その「味」を自国語によつて表はし得ずにゐる、その罪半分であると云ひ得よう。

— posted by id at 10:26 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 3.5321 sec.

http://2ch-tool.net/