二人を迎えに行った美しい花馬車

 けれども、いくら待っても夫婦の姿は見えませんでした。 そのうちに、二人を迎えに行った美しい花馬車が二台帰って来ますと、それには二人の姿は見えず、二人の両親が泣きながら乗っておりましたが、みんなの前に来ますと、「皆さん、申しわけありません。二人は逃げてしまいました」 と云いました。「サア、大変だ」 と村中の人は騒ぎ出して、儀式も御馳走も打ち棄てて、大勢の人々が夜通しがかりで探しましたが、二人の姿はどこにも見えませんでした。 豚吉とヒョロ子は、こうして大勢の人々が騒いでいる時、村からずっと遠い山道を手を引き合ってのぼっておりました。「ふたりで夫婦になったら、今迄よりもっともっと恥かしくなるよ」「ほんとですわねえ。とても村には居られませんよ。けれどもみんな心配しているでしょうね」「しかたがない。こうして出かけなければ、一生涯に外に出る時は無いからね」「ほんとに情のう御座います。どうかして私たちの身体《からだ》を当り前の人のようにする工夫は無いのでしょうか。私はいつもそのことを思うと悲しくて……」 とヒョロ子は泣き出しました。「泣くな泣くな」 豚吉は慰さめました。「それはおれでも同じことだ。今に都に行ったらば、よいお医者にかかって治してもらってやるから、泣くな泣くな」 こう云ってあるいているうちに、二人は山を越えて広い街道に出ますと、夜が明けました。 豚吉は今まで威張っておりましたが、ここまで来ると、身体《からだ》が肥っておりますのでヘトヘトに疲れてしまいました。「おれあもうあるけない」 と豚吉は泣きそうな声で云いました。

— posted by id at 10:28 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 3.5558 sec.

http://2ch-tool.net/